Tel:052-218-4110受付:平日9:30~16:00

最新のトピック


1. 「尾張名古屋の職人店」に出店、ステージショーも
平成30年10月19日(金)、20日(土)、21日(日)の3日間、名古屋栄のオアシス21広場で、第35回「尾張名古屋の職人展」が開催されます(職人展ポスター)。
10月19日(金)午前10時~午後6時
10月20日(土)午前10時~午後7時
10月21日(日)午前10時~午後5時

「鞄」の展示や販売のほか、鞄職人の実演や、体験工房ではミニカバン作りやネームタグ作りを開設。職人さんたちに教えてもらいながら、楽しい体験ができます。
ステージでは、「レザーニスト」によるトークショーを予定しています。

昨年の職人展中日本鞄工業組合ブース


昨年の職人展ステージ
問合先:名古屋鞄協会 TEL 052-218-4110
平日 9:30~16:00

2. 当協会理事 長江幸雄氏が日本で4人目の日本皮革製品マイスターに認定

7月11日、当協会の(有)ナガエ代表取締役社長 長江幸雄氏が、今年選ばれた唯一の、日本で4人目(名古屋では2人目)のマイスターに認定されました。

今後は、さまざまな場面で、マイスターの技術や識見を発揮していくことが期待されています。

※日本皮革製品マイスターは、日本の優れた皮革製品の技術者を顕彰・広報し、広く世界の消費者等に周知を図ることにより技術の維持・向上と伝承、後進の育成及び皮革産業の発展を図ることを目的として平成29年4月1日に制定されました。

理事長あいさつ

協同組合名古屋鞄協会会員は、お客さまに喜んでお使い頂ける鞄をご提供できるよう努力を続けています。
当鞄協会は、流通、メーカー、鞄材料商からなる文化と歴史ある協会でございます。昔からの職人芸に新しい技術を加え、お客様が真に必要とされる商品とサービスをお届けする。それが私たちの協会です。
お客様に信頼され期待にお答えできる新しい商品・サービスの開発を目指し続けていきたいと思います。是非とも熱いご期待をお寄せください。

(協)名古屋鞄協会 理事長 水野 一樹

副理事長 桑山 修
副理事長 岡庭 三和
副理事長 林 州代

組織図

協同組合の主な事業

1.組合員の取り扱う消耗品等の共同購入
2.組合員のために行う共同宣伝
3.組合員の事業に関する調査・研究
4.組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
5.組合員の事業に関する経営および技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
6.組合員の福利厚生に関する事業
7.前各号の事業に付帯する事業

↑ PAGE TOP